2011年10月10日、飛び入り=大畑あきこさんとデュオ

  • 2011.10.14 Friday
  • 13:06

大阪中崎町のCommon Cafeにて、村山義光師匠とボーカリスト大畑あきこさんのライブにて飛び入りさせていただきました。

桐生鷹虎生誕初日の演奏です!Makin‘ Woopie (B♭) を大畑あきこさんとデュオで弾かせていただきました。

でもイントロでテンパってしまい、変な進行になってしまいそうでしたが、こんな事は過去数回あり、

かつて、あるボーカリストの方とデュオでライブさせていただいた時、私はイントロを弾き直すなんて失態をさらしてしまい、聞きに来ていただいた大畑あきこさんから、イントロが長くなってもいいから、歌に受け渡す所をわかりやすく持っていくべきと教えていただきました。

実際ライブにおいても、知らない曲を慣れないテンポやキーで即興演奏する事はよくあります、というよりそればっかりなので、だんだん間違いフォローも身についてきています。

そしてデュオで演奏させていただくと、観客として聞いている時にはわからない、共演者の息づかいや、音の裏側を感じる事が多々ありますが、大畑あきこさんは明るく、優しく、包み込んでくれるような安心感を与えて下さいます。

そのバッキングにおいて、私は村山義光師匠のそれまでの演奏のアイデアを少しでも多く継承しようと頑張りました。

反省点はたくさんあります。譜割が曖昧な事、アドリプにおいて手グセに頼ってしまい、ただコード進行をなぞってしまっている感になってしまう事。

でも、本当に嬉しかったです!村山義光師匠と大畑あきこさんは常に私に音楽の素晴らしさ、楽しさ、全ての魅力を惜しみなく教えて下さいます。

本当にジャズに出会えて私は幸せです!これから更に更に進化して行きます!

Comments

Post a Comment








Track back URL

http://hakkyou.blog.bai.ne.jp/trackback/190117

Go to top of page

最近のコメント

アーカイブ