2011年10月11日、飛び入り=小柳淳子さんとデュオ

  • 2011.10.14 Friday
  • 13:44

大阪中崎町にあるCommon Cafeにて、昨日に引き続き、村山義光師匠とボーカリスト小柳淳子さんのライブにて飛び入りさせていただきました。

ダメ元で、小柳淳子さんに飛び入りをお願いさせていただいた所、快く受け入れていただけました!

桐生鷹虎生誕2日目、またの名をカムチャッカ太郎(意味不明)、まさか本当に憧れの大物ジャズボーカリスト小柳淳子さんとデュオで演奏させていただけるなんて!

曲はCry Me a River (Fm), あなたと別れて、私は川のように泣いて泣いて泣きまくったから、今度はあんたが泣け!という意味のこの曲も、1節ごとに凄く重みと深みがあり、また小柳淳子さんの最も魅力的であるスロースウィングでの演奏です!

この曲調といい、テンポといい、ただ簡単にハーモニーをなぞっているだけでは当然いけません!魅力的なオブリガードで、曲のテーマを更に引き立てる事が重要(これは全ての曲においてそうですが、)なので、1音を出すその責任感の重さと闘い続けた上でドラマチックなシーンチェンジを伝えられるようにしたいものです!

でも演奏中、私は何をしていたのかわからなくなっています。緊張や焦りはなく、ただひたすら小柳淳子さんの世界に酔いしれ、夢の中にいるようでした。

昨日の大畑あきこさんに然り、本物のアーティストはその存在そのものが凄く大きく、広く、深く、共演させていただいているからこそ感じる小柳淳子さんの世界に私は圧倒されました。

演奏後、村山義光師匠に「全くダメ」とご評価いただきましたが、私の中には大きな感動と、こうなりたい!という希望が芽生えました。

恥知らず桐生鷹虎、もしくはカムチャツカ太郎です。いかなる時もへこみません!希望に向かって脳天気に突撃します!

その中で、本当にこんな偉大なアーティストの皆様と縁があるなんて本当に幸せです!

私も本物のアーティストになりたいです!いや、ならないといけません!

私に貴重な経験を下さいました村山義光師匠、小柳淳子さん、私のつたない演奏に付き合って下さいました全ての皆様に深み感謝致します。

ありがとうございました。

Comments

いちいち、おもろい奮闘記、声出して笑ってまう(失礼)、省みず暴走して下さい...良いことアル鴨代〜因みに、カムチャッカ..ではなく、カムチャツカです、Wikipediaにも、藪→鷹虎=カムチャツカ太郎と記されてます。

  • [村山義光]
  • 2011/10/17 4:56 AM

病ンドルはトんでイく! 師匠ありがとうございます! 私の膨大な課題と抱えきれない悩み、それら全てが、客観的には爆笑ネタだと知り、人生喜劇をおっ始めました! 人に笑われ、ネコに怒られ、ダニに見捨てられても、物影から私を見つめる熱い視線!私は誰とでもやります! 今後、アイドルとして毎日ネタ発信します! でもついうっかりサクセスしそうで怖いです!

Post a Comment








Track back URL

http://hakkyou.blog.bai.ne.jp/trackback/190118

Go to top of page

最近のコメント

アーカイブ