2012年1月21日、バザールカフェ

  • 2012.01.23 Monday
  • 00:28

今回初めて雨天の中、ボーカリスト芳垣美紀さんとギタリスト、ルイ・リロイ・田中さんと共にバザールカフェへとやってまいりました。

いつも楽しみにしているバザールカフェの日替わりタイ料理、今回はレッド・カレーを楽しみ、ここ数回でパターン化してきた形、芳垣美紀さんと私、桐生鷹虎デュオで1セット、ルイ・リロイ・田中さんによる弾き語りと即興演奏で1セット、そしてまた芳垣美紀さんと私、桐生鷹虎デュオで1セット、最後に芳垣美紀さんとルイ・リロイ・田中さんのデュオで演奏させていただきました。

ルイ・リロイ・田中さんもどんどんジャズ・スタンダードのレパートリーが増えていきますが、彼自身がセロニアス・モンクが大好きだそうで、今回はセロニアス・モンク作で、スタンダードの名曲、ラウンド・ミッドナイトを演奏されました。これが凄く良かった!と私は思いました。やっぱり純粋に「好き」って心がいいんですね。ルイ・リロイ・田中さんの演奏にはいつも確かに「愛情」がこもっており、心象風景を伴っています。こんな人が近くに居てくれるなんて私は本当に幸せですよ。

今回は雨天の中、バザールカフェに来られた皆様、私達は邪魔になってなかったら、以上にもし喜んでいただけていたら・・と切に願います。また、楽しみにお越しいただきました芳垣さんのご親族の皆様、本当にお会いできて嬉しかったです。

バザールカフェでの演奏も今年、2012年を迎えてから2度目になりましたが、演奏させていただく時、毎回、それも回を重ねるごとに強く思うのですが、これはストリートライブ以上に、カフェに来られた皆様が突然想定外に横で生演奏をされた場合、どういったTPOを私は知る必要があるのでしょう?これは対外的に私がどう振舞うかではなく、心地よく耳を傾けて聞き入ってしまうような演奏が出来るようにならなければいけません。

そしてたくさんの課題を背負い、悩んだりしながらも、必ず意気揚々としているべきで、もしこのトピックをお読みになっていただいた皆様の中で、何か良いアイデアをお持ちの方がおられましたら、是非ご指導下さい。

また、こんな私を育んでくれていますバザールカフェには本当に深く感謝いたします。次回の日替わりタイ料理も楽しみです。

Comments

Post a Comment








Go to top of page

最近のコメント

アーカイブ