2012年4月18日、ストリートライブ

  • 2012.04.19 Thursday
  • 02:36

今日はベーシストの秋山開さんがご参加いただけました。私に限っては、自分が弾く事以上に、彼の演奏を聞いていました。実は私はボーカリストが参加するアンサンブルにおいて、ベーシストがいる時のコンピングは今までほとんどした事がなく、また、彼の演奏から伝わるグルーヴ、スウィング感を聞いて、本当に色々反省しました。

思えば一昨年頃からボーカリストとのデュオにばかりこだわり、アンサンブルから遠ざかり、ソロギターの難しさに悩み、そんな引きこもりになっていたので、今考えれば本当にたくさんのいらない事に頭を悩ませてきたもんです。そんな狭まりがちだった私の感覚に秋山開さんは良いヒントを与えてくれました。

また、今回もご参加いただきましたギタリストの呉山勝全(くれやまかつあき)さんは、やっぱりフレージングの流麗さが際立ち、これはソロで演奏される時もですが、本当にジャズの音列の粋さを存分に表現されます。

ボーカリストのひらいまきさん、彼女には特有の華があります。明るく優しく、素晴らしいお人柄が、その雰囲気を醸し出し、ひらいさんが参加されるだけで、場の空気が澄んでいくのがわかります。また、立ち止まり、聞いてくださいました方々から、急遽Amazing Graceをリクエストいただき、あ〜Falling Graceじゃなくて良かった〜と安心する私の横で、ひらいさんにiModeで歌詞を検索していただき、歌っていただいたのですが、アンサンブルの中でのひらいさん、人と接する時のひらいさんを見て、なぜひらいさんが多くの方々から愛されるのかがわかります。人に伝える音楽なんですよ。ほとんどの人が自分意識の演奏になってしまっているのを感じると、ひらいまきさんのニュートラルな雰囲気は本当に素晴らしいです!人間力ですね。

そして、今回も嬉しい事にまたボーカリストNEOさんに2曲飛び入りいただきました。その内1曲はI Wish You Loveという名曲、私はあなたと別れるけど、その後幸せになってといった意味の曲で、私も大好きです!また、前日にNEOさんからメールでこの曲をしたいと教えていただいておりました。久しぶりに演奏させていただいて、本当に嬉しかったです。ただ、この好きという気持ちがクセモノでして、私は私のイメージばかり優先してしまっていた感じです。これは本当に反省しないといけません。

NEOさんは前回の弾けるグルーヴィーな感じも素晴らしかったですが、今回しっとりと歌われたのも、やっぱり凄くよかったです。またご縁がある事を私は願っています。

今回は私は頭ボケてましたが、私にとって本当に良い経験になりました。アンサンブルの根幹に触れる事、またセッション参加を再開します。それと、自分のイメージ以上に、共演者の理想を察する努力をしていきます。

私はここ最近本当に幸せな出会いが続いており、更にその出会いが、私に何をするべきかを教えてくれます。長い間、私はいらない事ばかりで悩んできたものです。その私の曇った視界を晴らせてくれる皆さん、本当にありがとうございます。

Comments

Post a Comment








Go to top of page

最近のコメント

アーカイブ