2012年5月30日、 JAMMER

  • 2012.05.31 Thursday
  • 03:42

いつも陽気で、暖かく、南国のように爽やかで、私の大好きなお店、JAMMERに、ボーカリスト太田朋子さんと出演させていただきました。

また、JAMMERお馴染みのフォークシンガー佐田さんに初めてお会いできました!とにかく陽気で、弾丸トーク、かつてフォークライブが、トークライブになったという逸話もあり、佐田さん面白い!面白過ぎる!で、今度6月8日、佐田さんと一緒に演奏させていただく事になりました。これは楽しみ!

と、ご共演いただいた太田朋子さんの話題に触れる前に、つい語らせてしまう佐田さんのインパクトは凄いぞ!でも佐田さんの話は今回、断腸の思いで省略します。6月8日に乞うご期待?



(≧▽≦) Interlude (≧▽≦)



私が、太田朋子さんに初めてお会いしたのは、忘れもしない、たぶん2年か、3年前くらい、大阪府西九条にあります、マーシーオーガモンでの、村山義光師匠のワークショップで、太田朋子さんは、参加されており、突然村山義光師匠から「デュオで、見事玉砕して見せろ!」との指令をいただき、全く慣れないボーカリストとのデュオで、でも玉砕なんかしてたまるか!と、奮起し、玉砕以下の結果を、私は残して死にました。

太田朋子さんとは、その後も数回、尼崎の南端にある、私の事務所、通称アジト(村山義光師匠命名)にて、数人集まり、セッションしたりしていましたが、実際ライブにお誘いさせていただいたのは、今回が初めてです。緊張してんぞー!というより私はワクワクしていました!凄く嬉しかったんですよ!

そして、太田朋子さんは、ここ一年くらいジャズから遠ざかっておられたそうです。でもしっかり歌詞を覚えておられるのは凄い!私なんか何回も演奏した曲のコード進行すら覚えてないというのに!ってこれはウソです。ちゃんと覚えてますよ!でも思っているコードと違うコードが採譜されていた場合、私の脳髄が激しくスライム化します!そして、それが耳から垂れて、エラい事に、   なりませんが、

村山義光師匠の「譜面なんか見てたらダメですよ!」というお言葉が、スライム裏をよぎります!確かにその通り、流れから、自分でコード付けくらいでけるようにならなあきません!

かつて村山義光師匠が「知ってる曲はその曲のイメージ、粋な所をしっかり、即興でできないと!  アホですよ!」、  アホ、アホ、アホ、アホ、アホ、アホ、アホ、アホ、アホ、アホでした私は!

また、確かに、この、イメージにコード付けを習慣づける事によって、現在の私が見る「音楽」というものが、しっかり線を帯び、彩りを得るはず!それに納得しました!師匠ありがとうございます!今、やっと気づきました!でもCheek to Cheekは難しいかもー!私は今夜、その名曲をCheep to Cheepにしてまいましたよ。

これはさすがに、めちゃくちゃ悔しい!太田朋子さんに、「うまくなったね」と言ってもらい、2人でお茶を、と、気合い入れてたのに、うっかりヘソで沸かした煮え湯を飲んでもーたがなー!

そこで、またここJAMMERで、太田朋子さんにご共演いただきます!日時は、6月28日、20時頃から!あなたの全財産を持って来て下さい!

私は、今回のこの記事で一件はしゃぎまくっていますが、心はサメザメ泣いているんですよ!

明日こそは!明日こそはスカートの中に住んでやる!(この言葉、もう説明邪魔くさいので、無視して下さい)


実は最近、録音練習を重ねる日々、私は、見てて抱きしめたくなるくらい、かわいそうです。いじらしいほど悩んでいます!金環日食くらい、内側は暗いんですよー!あーつらいつらいーっときたもんだ!

だから絶対うまくならな!きちんと自立した演奏で、アンサンブルをより魅力的にせな!


そして、今夜はJAMMERのご常連、篠崎さんご夫妻のお誕生日!全員で、ハッピーバースデーを、照れながら、小さな声で大合唱しましたよ!

ほんまにこの気さくさと、暖かさ!私は、JAMMERが大好きです!

そして、最後に、JAMMERの社長に作っていただいた、オリジナルのソルティードッグ、ノンアンコール版をいただきました。

常に、本当は引きこもりっ子の内気な性格やのにムリヤリ空元気を出している私はこのソルティードッグに心から癒やされます!

今回も皆様、本当にありがとうございました!次回はものすごく魅力的なアンサンブルをします!

6月28日に、乞うご期待!

Comments

Post a Comment








Go to top of page

最近のコメント

アーカイブ