2012年6月8日、 JAMMER

  • 2012.06.09 Saturday
  • 02:10

Mr. SADA & Friends folk night
JAMMERの顔、SADAさんの弾き語りライブに、ギターで参加させていただきました。

歌に対する圧倒的な愛情で、力強く歌い叫ぶ情熱的なSADAさんは、心遣いの繊細な優しい方でもあります。その人間的魅力はレパートリーからも醸し出され、また聞く人々を楽しませ、和ませ、包み込む、そんな不思議な力があります!

そして、JAMMERに根付く、音楽に対する、ほんわかやわらかく、しあわせな空気が演奏をより丸く、暖かいドラマにしていきます。

何か抽象的な事ばかり書いていますが、これは、私が思う「最も大切な事」として、音楽をする、そこで多くの知識や技術、センスを高める為には、何よりも「めちゃめちゃ音楽が好きで、愛しまくってる要素」が必要不可欠で、努力や苦労なんかも、あくまでもそれに付随する物ではないでしょうか?

私は今日もまたJAMMERで貴重な一時を過ごさせていただき、かつて私が若くてピチピチしていた頃(何て気持ち悪いんだ!)を思い出しました。全く理屈も知らず、ただ爆発しそうな憧れだけで、ひたすらギターを弾きまくりたかった!現在よりも無邪気にです。まるでたくさんの事を思い悩んでばかりの現在をリセットしてくれたような感じです。

音楽の心なんて、私は全くわかっていません。それは他人の心を、垣間見る事はあっても、完全に知る事はできない以上かもしれません。だからきっとこれからも私は音楽に対して、ギターという楽器に対しても、ずっとずっと片思いをしていく事でしょう。

このJAMMERを私はより多くの方々に是非知っていただきたいです!

次回私はボーカリスト芳垣美紀さんと、6月13日水曜日20時頃、このJAMMERにて演奏させていただきます。

そしてSADAさんは22日と23日に出演されます。昭和の熱い歌謡で楽しみたい全ての方、

共に、お誘い合わせの上、是非JAMMERにお越し下さい!

Comments

Post a Comment








Go to top of page

最近のコメント

アーカイブ